人形ナカムラ

ひな人形、五月人形、鯉のぼり等の販売|人形ナカムラ

人形のことならナカムラへ»  よくあるご質問

よくあるご質問

Q. ひな人形は、いつからいつまで飾ればいいのでしょう?

A. 立春過ぎから二月の中旬、遅くともお節句の一週間前位までに飾ります。

また、季節の節目にという本来のお節句の意味からも片付けはなるべくお早めに済ませるように心がけましょう。

Q. 男ひなと女ひな、飾り方には決まりはあるのでしょうか?

A. 一般的に向かって左にお殿様、右にお姫様を飾ります。

この飾り方は昭和以降、関東を中心に広まったもの。古式を好む京都では左右逆の飾りも残っていますが、どちらが正しい、というものではありません。

Q. ひな人形は誰が贈ればよいのでしょう?

A. ひな人形はかつて、嫁入り道具のひな人形として婚家へ贈る習わしもありました。

そんな歴史から、お嫁さんの里方が孫の健やかな成長を願って贈るのが一般的です。最近では、両家で負担する例も多くみられます。

Q. 次女、三女のおひな様はどうすればいいのでしょう?

A. ひな人形は女の子の健やかな成長を祈るお守り。ですからお母様のひな人形を譲ったり、姉妹で兼用するのは避けた方がよさそうです。

小さなものでもお一人に一飾りをどうぞ。それぞれのお子様に揃えてあげてください。

Q. 家庭でのひな飾りの祝い方は、どうすればよいでしょう?

A. 親戚や親しくしている方をお招きし、お母様の心ずくしのごちそうでお祝いしてください。

旬の素材を使ったお寿司や蛤のお吸い物はひな祭りらしいお料理。蛤は一対の貝のフタ同士でしか会わないところから、女性の貞操を教える意味でも使われてきました。

Q. 初節句のお祝いをいただきました。お礼はどうすればいいのでしょう?

A. お祝いの日から一週間以内に、お子様の名前で内祝いをお返しします。

お礼の手紙にはお赤飯や紅白の角砂糖を添え、赤ちゃんのスナップを同封すれば成長ぶりがよくわかり喜ばれることでしょう。